スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀梨くんについて

『野ブタ。をプロデュース』の原作者、白岩 玄さんが
亀梨くんについて、呟いてくれてます。

白岩玄 @gegenno_gen

たまには告知を。
先日発売された「文藝別冊 木皿泉」にエッセイを寄稿しました。
木皿さんには野ブタのドラマの脚本を書いていただきましたが、
そのときに自分がどう思っていたかをわりと正直に書いてます。
気になる方はぜひ。
2013.04.11 03:15





木皿さんエッセイの告知をたくさんリツイートしてもらったようなので少し追記を。
エッセイの中でいいと言った場面を見て思ったのは、
亀梨くんが人間の悲しみを表現できる(体からにじみ出させると言った方が的確かも)役者だということで、
これは誰もができることではないと思う。
2013.04.17 23:05

亀梨くんのドラマはたったひとつの恋と妖怪人間ベムしか観てないけど、
どっちも一時的ではない人の悲しみがにじみ出てて、
修二は亀梨くんで良かったとあらためて思ったのを覚えてる。
で、そういう悲しみがあの若さでどうやって出せんのかなと考えたんやけど、
きっと彼の根底に同じものがあるのかなと。
2013.04.17 23:06

制作発表のときに本人と対談して感じたのは、
すごく周りに気をつかう真面目な人なんやなということやった。
部屋に入ってきて付き添いで来てた俺の姉にまで挨拶してくれてたし、
カメラが回ってなくても態度が変わらん。でも初対面の人に心を開くのが早い分、
傷つくことも多いんじゃないかなと思った。
2013.04.17 23:06

気を遣うことは、心を開くことでもある。
だから小さい傷をいっぱい受けてきた分、体に悲しみが蓄積されてるんやろうなと。
じゃないとあそこまでの悲しみは表現できんのちゃうかな。
全部想像やけど、エッセイには書き切れなかったのでここに書いときます。
2013.04.17 23:07





だから、かめちゃんが好きなんだよなああ。。。


思わず、うるうる。。
あの頃の諸々の記憶も一緒に蘇ってくる。
修二の悲しい笑顔が何とも言えず。。。胸にぐっと来る。
今でも。


白岩さんも優しい人なんだろうな。


野ブタ。をいま、また振り返ったときにこんな風に語ってもらえるなんて。



木皿泉 ---物語る夫婦の脚本と小説 (文藝別冊/KAWADE夢ムック) [ムック]

↑木皿さん好きの方はぜひ。ホントにおすすめ。




Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

ゆ~い

Author:ゆ~い
亀を思う日々。(-ω☆)

  *

カツンのわちゃわちゃに
ニマニマして、
カツンのかっこよさに
クラクラしちゃう日々。

*    *    *

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Selected Entries

Recent Comment

Links

Categories

Archives

weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/

tuna.be

Welcome

現在の閲覧者数:

Welcome

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャニーズ最新情報

検索

MOBILE

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。