スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130601「俺俺」三木×宇野 トークイベント

2013.06.02 22:13|映画/俺俺
渋谷の映画館で行われた映画上映+トークイベントに行ってきました。
その文字起こし。

断片的で解釈の間違いもあるかも。。とにかくメモが追いつかなくて。。
映画上映後。

三「海の帰りのような2人ですが、、(笑)」

宇「女子率高い・・・ちょっとビビってる(笑)
  結構突っ込んで聞いて行きたいと思ってるんで、今からする話しが通じるのかちょっと不安なんだけど、、」

三「いやいや、女性のほうが突っ込んだ話し理解しますよ(笑)」

宇「いやそれこそ、亀梨赤西問題とかから、、

客席「!!!!(そこぶっこんでくるのかああーーー!!)笑」

宇「あかにしくんは人間だと思うんですよ。自意識が強いんだろうなと。
  数々の伝説をから(笑)妄想ですけど」

宇「片や、かめなしくんはキャラクターなんだろうなと。
  いじられて、無意識を発見されることで引き立つ。」

三「そう、もちろん、この映画はかめなししか選択肢はなかったわけだけど、、
  今回の俺俺という映画は演技者として演じわけするやり方では出来なかった。
  そこが新しいリアリティーなんだろうなとかめなしに初めてあったときに感じた」
  演じきった役者は見たくない」

宇「役者が自意識をもっちゃダメで。」


宇「今、ソーシャルメディアは周囲の人間をキャラクター化している。
  「郊外」という場所もそうゆうところがあって、、
  郊外は文脈しかない。国道沿いにショッピングモールがあってデカい何かがあっててゆうように。
  匂いがなくて、人間関係以外ない。」

三「でも結構そうゆうのを見てる人のほうが多いんだよね。」

宇「そう、朝ドラに出てくるような所は日本各地にもあるだろうけど、少ない」

三「そういう漂白された郊外にキャラクターとしてかめなしを置くってゆうのが面白いと思った」

宇「けっこう三木さんはこれまでの作品では郷愁の風景を追って描いていたと思うんですけど、、」

三「インスタント沼で、その憧憬を切り離そうとした」




宇「熱海の捜査官では人間じゃなくて、キャラクターとしての人間」

?「普通に生活していると人間じゃなくキャラクターにしか出会わない」

三「ぼくも見てるみなさんもボサッと生きてるけど(笑)キャラクターとして再現するのはすごく難しい」
  テキトーに生きてても人って距離感を自然に取ってるからかめなしは一人で3役をやるのに
  その距離感を掴むのが身体的にすごかった。」


宇「その人と人との距離感が見えるのがソーシャルメディアで友達の友達、いいねの数とか
  人間関係を目に見える形にしている。
  フェイスブックである男女がいて、ある日「いいね」を付け合わなくなったら100%つき合ってる!

三「あはは!そうなんだ!」

宇「ぼくの持論です(笑)

三「俺らの頃は焼き肉屋にいったら、、てのがあったけど、、古いね(笑)」

三「距離感という意味では、俺俺の背景の音を付けるのに1ヶ月〜2ヶ月かかった。
  3人がいるけど、実際は1人しかいないからそれぞれが出す生活音、
  畳のこすれる音とかイスが軋む音、ペットボトルの水が揺れる音とか。。

三「アニメーション的だねって話してて、
  80年代くらいからアニメではやっていて、うる星やつらの押井さんとか。。
  でも映画ではあまりやっていないことで、今回俺俺ってゆうきっかけでやることになったんだけど
  大変だったけど面白かったですね。」



宇「三木さんはシティーボイズの出身で、、出身って表現でいいですかね(笑)

三「あはは、はい(笑)」

宇「木皿泉の夫のほうとか西田さんとかもそうだと思ってるんだけど、、
  三谷さん代表作は新撰組とか古畑とかになってしまってる今の状況はしあわせなのかな?と思うんだけど、、
  日本はシットコムが根付かない文化で、、逆にキャラクターを生かすための道具として使われる
  三木さんもこのまま続けていたらそうゆうほうに行っていたのかなと思うんだけど、
  そこに背を向けて今ここにいるって思っていて、、
  シティーボーイズの笑いの力を浮気ナシでやってる(笑)」

三「ああ、そうゆうとこはあるかもね、、宗教でも教祖より2番手のほうが戒律に厳しいみたいな(笑)」

三「そういう意味ではかめなしは今行ったところを全部通って来てる(木皿・西田)、、、
  引きの強さみたいなものがあるよね
  エポックに立ち会う、、不思議な人間。俺俺が3番目の地雷になるのか?ってとこもあるけど(笑)」

宇「かめなしくんの代表作ってやっぱり野ブタ。だと思うんですよね。
  ぼくもそれで好きになったし、、その次がベムで、、
  やっぱり、ふつうの自然主義のドラマにはハマらなくて、、

三「うん、そうゆうとこが新しいリアリズムなのかなって思う」


宇「シティボーイズって政治性がないと言う名の政治だったと思うんですが、、

三「中道右派、、

宇「でもそれを続けて行くと風刺が弱くなって行く、、
  日本でシットコムが弱いのは政治性がないからで、
  三木さんはベタな政治を風刺するためでもなく、キャラクターを生かすためでもなくて、
  コミュニケーションの環境を批評するために使っていると思うんですよね。」

三「うん、だからかめなしが表現欲を抑えて演じてくれたことは大きい。
  キャラクターとして形からリアリティーに近づけていく」

宇「いじられて、発見される、、

三「“ただやる”が出来る人間」

宇「こんなこと言ってるとかめなしくんがポンコツみたいに聞こえるけど、
  キャラクターを際立たされることができる
  人から見られるということで出来ている
  役者とキャラクターの違い」

三「いま、ここにかめなしがいたら頷いてると思う」

三「撮影中も22時とかまで撮影やってヘロヘロになって帰ってテレビを付けると
  かめなしがいるんだよね! こんばんはとか言っちゃって(笑)
  ある種異常なんだよね、そうゆう中で日常を作り上げてる。。」

三「こないだかめなしが面白いことを言ってて、12歳からこの仕事をして
  もう十何年経つけど、その中で素のかめなしかずやだった時間は3年くらいなんですよねって
  舞台挨拶で言ってて、
  “普通に歩く”ってことを今回はやろうと思った。って言ってて、
  でも普通に歩こうとするとパブリックなかっこつけようとするかめなしかずやになっちゃうって」

宇「人間をキャラクターとして取るという時代に突入した」

三木さんは役者にどう演技させないかってことをずっとやっていて
海外、、アジアでは特にまだ役者スピリッツが強いから「亀は以外と〜」を持って行ったときに
役者がこんなになにも何もしてなくていいのか?!とびっくりされたと。


宇「俺俺は三木さんの第三ステージだと思う」


メモを取るのが全然と追いつかなくて。。
飛び飛びのメモをなんとか繋げたんだけど、、意味が違っちゃってるとこもあるかも。。

カメナシアカニシ問題は、、宇野さんは思想論だ!
どっちを取るかで思想が分かるみたいなこと言ってて(笑)
いきなりソレぶっ込んで来てアタシは笑っちゃったんだけど^^
なにやらツイッターとかでは荒れてるみたいで、、めんどくせえええーって感じ。

そんなことよりも三木さんと宇野さんのお話が本当に面白くって!
30分ぐらいしか時間がないトークイベントだったからブツっとおしまいになってしまって。。
場所変えてあと3時間くらい喋りたいって宇野さんもおっしゃってたけど、もっと聞きたかったなああ。

熱海の捜査官とシティーボーイズを知らないのが悔しいっす。そこんとこやっぱりハテナになっちゃったもん。


三木さんと宇野さんのかめなしくん評も面白かったなあ。

ずっと思ってるけど、、あのとき野ブタ。に出会えたことの大きさって
やっぱり計り知れないものがあるよなあ。。
ジャニの中で選ばれるポジションにたまたまいたってことなんだろうなあって思うし。。

それこそ、引きの強さ。なんだろうなあ。。


それにしても、かめなしかずやって何者なんだろう。。。











Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

ゆ~い

Author:ゆ~い
亀を思う日々。(-ω☆)

  *

カツンのわちゃわちゃに
ニマニマして、
カツンのかっこよさに
クラクラしちゃう日々。

*    *    *

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Selected Entries

Recent Comment

Links

Categories

Archives

weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/

tuna.be

Welcome

現在の閲覧者数:

Welcome

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャニーズ最新情報

検索

MOBILE

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。