スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Can't Miss Film"

2013.07.11 17:02|映画/俺俺
pictures dept. @pictures_dept

米NYの情報誌ヴィレッジ・ヴォイスにて
「今年のJapan Cuts部門での"Can't Miss Film"(見逃せない映画)」として
『俺俺』が紹介されましたー。ow.ly/mQESD
2013.07.11 09:54




Japan Cuts' Tragic, Thrilling Survey of New Films
By Aaron Hillis Wednesday, Jul 10 2013
http://www.villagevoice.com/2013-07-10/film/japan-cuts/

〜略〜

It's too easy to write off the gimmicky logline of the dark doppelgänger comedy It's Me It's Me—which sounds like a post–Charlie Kaufman composite of the dueling Nicolas Cages in Adaptation and the meta-master's "Malkovich Malkovich" freakout—but Adrift in Tokyo auteur Satoshi Miki's absurdist nightmare is more Kafka than Kaufman. The can't-miss film of this year's Japan Cuts, Ore-Ore (as it's called back home, based on an actual phone scam and Tomoyuki Hoshino's novel) tracks the escalating misadventures of electronics-store clerk and failed photographer Hitoshi, craftily played in 20 incarnations by pop star Kazuya Kamenashi. After a loathsome customer accidentally leaves behind his cell phone, Hitoshi nabs it and calls the guy's mom, posing as the son in order to scam her out of some directly deposited yen. But then the mother shows up—convinced that Hitoshi actually is her spawn—and suddenly our befuddled hero bumps into a dapper look-alike who claims he's the impostor. Then another "Hitoshi" arrives, more wild-eyed and volatile than the others, and does anyone remember who the "original" is once alliances are formed throughout the metropolis-wide spread of the Me Empire? "Multiplication could easily lead to deletion," warns one of the replicas, as the ultimate narcissistic civil war is spearheaded with devil-may-care logic, a wicked sense of timing for casually dropped sight gags, and a trickily executed dedication to grounding the outlandish within a naturalistic world.

↑俺俺のことが書かれてそうなとこだけ抜粋。
記事は、ジャパンカッツで上映される作品の
「戦争と一人の女」「日本の悲劇」「へルタースケルター」「俺俺」の4つを取り上げていて、
「俺俺」を今年のジャパンカッツで見逃せない作品と書かれてるそうです。(あくまでも「そうです」←)



ジャパン・ソサエティー(JS)@js_desu

NYで日本文化の発信を行う米国民間非営利団体です。2007年に創立100周年を迎えました。政治・経済や文化に関する講演会、舞台公演、映画上映、美術展、教育プログラム、語学指導など色々な切り口からニューヨーカーに日本を紹介しています。
http://www.japansociety.org/



Japan Cutsホームページ
http://www.japansociety.org/japan-cuts-2013

日本映画はジャパン・ソサエティーで観よう!
北米最大の日本映画祭 「JAPAN CUTS~ジャパン・カッツ!~」
7月11日(木)~21日(日)

editor  07/05/2013
http://www.dailysunny.com/2013/07/05/ev0706-2/

 ジャパン・ソサエティーでは11日から21日まで、毎年恒例の夏の映画祭「JAPAN CUTS~ジャパン・カッツ!~」を開催する。過去1年に日本で公開された話題作、合計25本が続々登場。全作品英語字幕付。監督の舞台あいさつや質疑応答などの特別イベントが予定されている作品もあるので、チェックして出掛けたい。

場所/ジャパン・ソサエティー:333 E 47th St(bet 1st & 2nd Ave)
料金/一般12ドル/ジャパン・ソサエティー会員・学生・シニア9ドル
   5作品以上の鑑賞は各2ドル割引
   11日専用特別チケットも販売中!(アフターパーティー付き上映会)
TEL/212-715-1258
Web/www.japansociety.org

●上映スケジュール
7月11日(木)
 ●悪の教典 
 ●I’M FLASH!
──────────────────────────
12日(金)
 ●Bad Film 
 ●HK変態仮面
──────────────────────────
13日(土)
 ●横道世之介 
 ●夢売るふたり
 ●俺俺(出演/亀梨和也)    
 ●ヘルタースケルター
──────────────────────────
14日(日)
 ●あさっての森 
 ●るろうに剣心
 ●テルマエ・ロマエ 
 ●桐島、部活やめるってよ
──────────────────────────
16日(火)
 ●Live Your Dream
──────────────────────────
17日(水)
 ●戦争と一人の女
──────────────────────────
18日(木)
 ●新しい靴を買わなくちゃ 
 ●暗闇から手をのばせ
──────────────────────────
19日(金)
 ●さよなら渓谷
──────────────────────────
20日(土)
 ●キックハート
 ●少女たちは傷つきながら、夢を見る
 ●ふがいない僕は空を見た
 ●黄金を抱いて翔べ
──────────────────────────
21日(日)
 ●その夜の侍  
 ●日本の悲劇
 ●あなたへ
 ●のぼうの城





Comment

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile

ゆ~い

Author:ゆ~い
亀を思う日々。(-ω☆)

  *

カツンのわちゃわちゃに
ニマニマして、
カツンのかっこよさに
クラクラしちゃう日々。

*    *    *

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Selected Entries

Recent Comment

Links

Categories

Archives

weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/

tuna.be

Welcome

現在の閲覧者数:

Welcome

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャニーズ最新情報

検索

MOBILE

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。